学び

学び · 2020/08/09
戦国武将の毛利元就は三本の矢として例えていましたが、事業も最低でも三つの柱を作っておくべきです。 これも会社を守るためにとても大切な考え方です。

学び · 2020/08/01
相手に興味を持ち、可能な限りの仮説と想定を行う。 人を知るということには終わりはありません。 人間観察は他者からの大きな学びになります。

学び · 2020/07/31
直感は説明しづらいですがとても大切な要素の1つで、わたしも直感を大事にしています。 同時にデータも大事にしているので、ストレングスファインダーのデータも信頼できる情報なのです。

学び · 2020/07/28
課題だと感じるようになった瞬間、その課題に対する情報にアンテナが立ち、情報感度が高まります。 そのアンテナがいつ立つかは、まったく予測がつきません。 なので、学びを止めてはいけないのです。

学び · 2020/07/25
担当させて頂いたこの製造業の会社では本当に勉強をさせて頂きました。 貢献をできたところはあるとは思いますが、それ以上にご迷惑もたくさんかけたと思います。 今も思い出しながら感謝の念が沸き上がっています。

学び · 2020/07/24
従業員の時間が棚卸という業務に取られなくて済むようになったこと。 そしてシステムを活用しているので、在庫金額のミスが大きく減ったことが大きな満足度要因です。

学び · 2020/07/22
製造するためにかかった費用を管理するのですが、その費用を作った製品すべてに対して配分する制度があるんです。 それが困ったことが起こる元凶なんですよね。

学び · 2020/07/17
このコロナ禍においても、堅調な企業は堅調ですし、価値を落とす企業もたくさんあります。 そんな企業の見極め方を解説してくれる可能性を垣間見たので、少しこの世界も見てみたいという想いになったのが正直な感想です。

学び · 2020/07/12
自分だけで考えるのではなく、他の人に聞いてみることで、スムーズに物事が進みやすいということ。 自分のことというのは、実は自分が一番よく知りません。 トンネル理論を活用して、どんどんと聞いて回るのも大切な手段です。

学び · 2020/07/05
宝物のような情報が情報として活用されずに、スピードを落とすことになりかねません。 ただの情報から周知できる情報へ。 周知できる情報から知的情報へ。

さらに表示する