MG

MG · 2020/07/08
忘れてはいけないのは、「本を忘るな」という一文。 教えを守り、変化させ、いつかは師から離れるとしても、その本質まで変化させてはいけないという訓示です。

MG · 2020/07/04
経営者の思想が、たかだか5期の経営を行うMGの会社盤に表れてきます。 MGはそんな経営者同士が織りなす、思想のぶつかり合いが起こる時があるんです。

MG · 2020/07/02
綺麗な凸凹コンビな雰囲気ですが、まずやるという感じで始まったのが2016年2月13日。 記念すべき第一回は、色んな方が参加してくれたMGになりました。

MG · 2020/06/30
1日目の午前中を楽しんでくれるような雰囲気にすると、結構MGも受け入れられやすくなるんじゃないかなと思っています。 ここは研究開発の余地が全然あると思っているので、これから試行錯誤していこうかな。

MG · 2020/06/16
移動年計は月ごとの変動や季節変動などの要因を省くことができ、純粋な売上の推移を見ることができます。 要するに、何かしらの外的要因を言い訳にできなくなるんですよね。

MG · 2020/06/04
インストの機会はほとんどありませんでしたが、勤め先の社長に「MGを社内に導入してもいいですよね?」と半ば強引に社内MGを開催したり。 一緒に学んでいたTOCも、ほぼ独断で社内へ展開していたりと、できる範囲でインストラクターの機会を自分で作っていたのを覚えています。

MG · 2020/05/27
人は自分が話した事について、多少なりとも責任を感じるようになります。 大勢の前で宣言することで、研修に参加することが少しばかり自分事に変化が起こる。 この小さな変化は、後にその人の人生を大きく変える小石の一粒になる可能性があります。

MG · 2020/05/26
インストラクターも受講者から大きな学びを得るくらい、教え合いは素敵な思想です。 教えてもらうだけの場と、教え合う場。 どちらが明日からの行動に繋がるでしょうか。

MG · 2020/05/25
自分のことを話すと人って欲求を満たされるんです。 しかも、話したことが相手に受け入れられた時に親近感を覚えます。 MGのことを話すと、受講生は「なるほど、ふんふん」と聞いてくれるわけです。 そりゃ話しちゃいますよね!

MG · 2020/05/24
なぜMGをやるのか。 しかも100期以上続けるのか。 最初は訳わからないですよね。 わたしもわかりませんでした。

さらに表示する