MG

MG · 2020/09/20
正確なデータを集めて、誰にでも分かる形に加工し、全員に共有する。 見たら誰でも現状を把握でき、すぐにでもアクションを起こすように促されるのが最高の情報です。

MG · 2020/09/19
単月の数字や決算書だけではわからない傾向値が、移動年計では如実に現れます。 更には移動年計をグラフにすることで、事業そのものの傾向も掴めるでしょう。

MG · 2020/09/18
参加したくもないセミナーに嫌々来て見たくもない数字を延々とやらされる社員にも、少しだけでも楽しさと効果を伝えるにはどうしたらいいか。 そんなことを「くそ真面目」に考えていた時期でもあります。

MG · 2020/09/17
お客様やライバルの動向の情報を集められる組織であれば、短いスパンの振り返りと意思決定が非常に高い効果を発揮するんです。

MG · 2020/09/16
お客様が求めているのはB商品だということがわかっています。 売れているB商品をさらに売れるようにする方が、確実性が高くて簡単なことが多いです。

MG · 2020/09/14
会社という組織では、もちろんGを生み出すことは必須条件でしょう。 何を達成するために分析を行うかのゴール設定は、最初に話し合っておくべきとても大事な一歩目なんです。

MG · 2020/09/13
Fもかかった経費がどかーんと合計で出されては、何が悪いのか原因が掴めません。 原因がわからないまま、赤字だからといって「一律経費削減!」という方針を打ち出してしまう危険性もあります。

MG · 2020/09/12
ノルマを達成しようと、無理な値引きをしてまで販売をするでしょう。 売上ノルマ自体は達成したけれども、会社に利益が全然残らない。 そんなことが会社で起こっていませんか?

MG · 2020/09/11
どんなサービスがどれだけ売れていて、どれくらい利益に貢献をしているかを知る。 その情報がなければ、例え施策を打ち出したとしても意思決定を誤ってしまう確率は大きく上がるのではないでしょうか。

MG · 2020/09/10
単純にMとQがそれぞれ増えた場合↑、横ばいの場合→、減った場合↓の3パターンをそれぞれ掛け合わせると、9つのMQのパターンが発生します。

さらに表示する