· 

生き延びる経営


昨日は久しぶりにがっつりしゃべった時間でした。
 
この状況下ですので、リアルな対面が必要である講義やセミナーはほとんど行われてないんですよね。
そんな中でも、工夫をしながら未来を見据え、これからの100年を生き延びていかないといけません。
 
企業はゴーイングコンサーン、将来にわたって会社が継続していくという前提があります。
途中で株式の売却を行ったり、トップが変わったりすることはあっても、企業自体は残って顧客に価値を提供し続けるという前提です。
 
今の時代は後継ぎがいないという理由で廃業を行う企業もありますが、コロナウイルスの影響での売上減少などは国や自治体の補助など、対処の方法がいくつかあります。
飲食店を始めとして、今は財務的に苦しい状況の企業や個人事業主はしっかりと活用してもらって、まずは1日でも長く生き延びる対策を取ってもらいたいと思っています。
 
コロナウイルスの脅威は永遠ではありません。
ペストやコレラ、インフルエンザウイルスと同じように、必ず対処方法が生み出されます。
少し楽観的な予測になるかもしれませんが、あと少しトンネルを進めば人の行き来も経済活動も元に戻ります。
 
思考は現実になる。
 
今は、そんな希望も信じてみたいと思っています。

 

というわけで、会社が生き延びるためには第一にキャッシュが必要です。

今、手元にあるキャッシュを増やして将来に備えなければなりません。

 

今までは売上金が入ってきたので、仕入れの支払いもできたし、給与の支払いも滞りなく行っていました。

電気代や水道代も払えたし、携帯代も払えた、家賃も払えた。

 

しかし、売上金が入ってこなくなったらどうするか。

シンプルに表現をすると、売上以外の方法でお金を得るか、出ていくお金を減らすかの方法になります。

 

今の状況ではどちらも行う必要があります。

わたしも出張や研修参加を極力減らしていますし、外注していたものを選別して自分で行うことで出金を抑えています。

今までのコンテンツを見直して今の時代に合ったサービスを作っている途中で、入金の目途をつけるつもりです。

 

経営者は絶対に会社を潰さないという決意のもと、考えられるすべての手を打っていきましょう。

 

売上以外でお金を得るのは、まずは銀行から借り入れを行うのが手っ取り早いです。

政府が緊急の制度を設けていますので、日本政策金融公庫や商工中金へまずは相談に行ってみてください。

 

今まで借金をしたことがないし、お金を借りることに抵抗がある人も多いかと思います。

それでも、断腸の思いで閉業をする覚悟があるのでしたら、試しにお金を借りてみることもできるはず。

 

銀行の窓口に座っている方も、皆さんと同じ人です。

どうしていいかわからないと思う方もいるかもしれませんが、実は周囲に助けてくれる人たちがたくさんいることを忘れないでください。

 

オンラインで販売を開始したお店も多く見られます。

Facebookでは訳あり商品として紹介する場ができ、割引価格ではありますが、多くの商品が飛ぶように売れています。

 

他には本業ではないけれども、今すぐできることを商売にしてしまう。

電気屋さんがマスクを売っていたり、オンラインセミナーを開催していたりする方がいます。

面白いところでは、UberEatsでバイトをしていた社長もいましたね。

 

キャッシュを生み出すのは工夫が必要ですが、今できることは何でもやってみましょう!

 

出金を抑える手段として、休業をするのも効果が高いです。

休業をしたら社員やパートさんの給与を支払えないと思うかもしれませんが、政府から休業補償にあたる雇用調整助成金が設けられていますので、どんどん活用してください。

 

仕組みや条件など、下記動画がとても参考になりますので是非ともチェックを。

 

■新型コロナウィルスによる雇用関係助成金①制度概要(令和2年4月21日時点)

https://youtu.be/hGdch_5lFVY

■新型コロナウィルスによる雇用関係助成金②申請(令和2年4月21日時点)

https://youtu.be/rtdetE7fCOo

 

休業をするとお客様が戻ってこなくなる。

そう考えてランチにお弁当の販売などをするお店もありますが、お弁当は単価が低く、あまり儲かりません。

 

うちの近くの居酒屋も600円でランチのお弁当販売を始めましたが、単純に原価率3割と考えて50個売っても21,000円の儲け。

そこから人件費・水道光熱費などを引くとほとんど残らないでしょう。

家族経営は別として、ランチ営業をするコストを考えると休業をしたほうがお金が残るかもしれませんし、時間も大きく確保できます。

 

思い切って休業をするもう1つの目的として、新しい施策を生み出す時間を確保するとも考えてください。

お弁当販売をするよりも、ネット販売で高単価の販売を行えるようにしたり、デリバリーなどを行える準備に時間を使うなど、コロナウイルスに影響されない稼ぎ方を生み出すことも効果的です。

 

他には出費を抑えるために、必須の費用以外をやめることも必要です。

営業をZoomなどのオンラインにする、家賃の支払いを猶予してもらう、定期契約を一時凍結するなど、この機会を経費の見直しをするチャンスと捉えてみてください。

 

今は大変な時期と感じますが、必ず状況は良くなります。

それまではできる限りの手を尽くして、まずは企業を存続させることを第一にしてみてください。

未来は必ず拓けます。