· 

そろそろMGやりましょう


今日は出張最終日。
コロナ禍の状況でも、オンラインでは済ませられないことはやっぱり出てきます。
 
基本姿勢は三密を避けての行動ですが、フェイストゥフェイスでもオンラインでも、両方使い分けて活動をしていく意向です。
なので、6月からMG研修などの集合研修を再開していきます。
 
とはいうものの、緊急事態宣言が東京でどうなるかにもよるので、まだ何とも言えないところです。
25日にも解除されるかもという話もありますけれども、条件付きというオチもあるでしょうし。
 
なので、人数の制限や消毒などの対策を取った上で、これからの世界を生きる学びの機会を作っていきたいですね。
現在、予定しているのは以下の日程です。
 
■6月14日-15日 2dayTOC
■6月28日 1dayMG
■8月1日-2日 2dayMG
 
いずれも東京の神田で行う予定で、18名上限になります。
 
神田はとても場所的に良いんですよね。
何がいいって、懇親会の会場がオシャレな場所を選びたい放題!
 
そして、〆のラーメンはあの煮干しラーメン凪がある。
学ぶには最高の環境です♪

 

というわけで、MGをやっていくわけですけれども。

 

なぜMGをやるのか。

しかも100期以上続けるのか。

 

最初は訳わからないですよね。

わたしもわかりませんでした。

 

MGは100期やらないと、みたいなことを言われたら、第一印象は「しいになることが多いような気がします。

 

セミナーで「みんなに気持ちを伝えましょう。この素敵な状態になってもらうために誘いましょう」みたいなセミナー、あるじゃないですか。

最初の印象は同じですよね。

 

でも、MGは40年以上の経験知をベースに、今の研修の形に収束しています。

それは1回2回やっただけでは、全然見えないノウハウの塊だったと実感しました。

 

でも、今の形のMGで必ずしも成果が出るかというと、そうではないでしょう。

せっかく時間とお金をかけても、成果が出るとは限りません。

 

出したい成果を出すには、何が必要か。

わたし的には3つの要素が絡んでくると思っています。

 

3つって、とてもMGらしくていいですよね。

 

・インストラクターの姿勢

・受講者仲間の姿勢

・受講者自身の姿勢

 

三角形を書きたい気分ですが、ブログではしょうがないのでこんな感じで。

 

つらつらと書いていたらこういう方向に進みましたが、長くなってきたのでこの内容については次回にしましょう。

 

 

↓会計がわかるようになる戦略MQゲームはこちら↓

研修スケジュールへGo

 

 

【社員と共に出したい成果を達成する

戦略MQゲーム(マネジメントゲーム)

TOC

ストレングスファインダー

環境整備

 

社員全員が主役!

経営者1人で悩むのはやめよう

強みの関わり合いが会社を救う!

 

「全員参加型経営コンサルタント」

株式会社G-Labo

代表取締役 及川 景太

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!