· 

基本の姿勢は「教えない」


暖かい日が続いていますね。
 
わたしは超絶寒がりなので出張中にインナーを用意していましたが、完全に杞憂に終わりました。
来週の北海道はどうかなぁと思案しています。
 
というわけで、昨日の続きです。
MGで成果が出るためには、インストラクター・受講仲間・自分自身の姿勢が大事というところでした。
 
まずはインストラクターの姿勢ですね。
 
MGは講師でも先生でもなく、インストラクターが進行を務めます。
言葉には意味があって、インストラクターでなければなりません。
 
MGのインストラクターは導く立場が主であり、教える立場は補だと理解しています。
つまりは教えるという行為は、補助の役割でしかないということです。
 
これはMGの最初の導入にある「教えない」に繋がってきます。
面白いですよね、何万円もの受講料を払ってセミナーに来ているのに、いきなり「教えません」って言われるんですから。
 
でもまぁ、懇切丁寧に教えてもらったとして、それで明日から行動が変わるかというと、どうでしょうか?
そもそも、教えてもらったことの何%を覚えているでしょうか?
 
わたしの体験談からしても、ほとんど覚えてもいませんし、行動は変わるわけがありません。
 
ところが、自分から興味を持って学んだことはすぐにでも行動に移したいし、自分の血肉になっていることがほとんどでしょう。
インストラクターは安易には教えずに、本人が気付くのを見守っているのです。

 

でも、教えないということは意外に難しいんです。

普段はあまり自分からは話すことをしないわたしですが、MGのインストラクターになると違うんですよね。

 

なぜか。

人は自分のことを話したい生き物なんです。

 

よくコミュニケーション講座とかでありません?

「相手のことを聞きなさい」とか。

 

これは自分のことを話すと、人は欲求を満たされるんです。

しかも、話したことが相手に受け入れられた時に親近感を覚えます。

 

セミナーでMGのことを話すと、受講生は「なるほど、ふんふん」と聞いてくれるわけです。

そりゃ話しちゃいますよね!

 

話し好きなインストラクターだったらもう、気をつけないといつまででも話してしまう勢いでしょう。

わたしにはその気持ちはわかりませんけれども、きっと話したいことが泉のように湧いてくるはずです。

 

思い返すと、わたしもインストラクターの経験が浅い時は話し過ぎていた記憶があります。

やっぱり受講生が理解してくれるか不安になって、あれもこれもと話してしまうんですよね。

 

受講生が飽きていたり、キャパオーバーになっていることにも気付かずに。

 

ただでさえMGは盛りだくさんな研修です。

何か1つでも感じ取ってくれたり、持ち帰ってもらえたら御の字ですね。

 

では、続きは明日に。

 

 

↓会計がわかるようになる戦略MQゲームはこちら↓

研修スケジュールへGo

 

 

【社員と共に出したい成果を達成する

戦略MQゲーム(マネジメントゲーム)

TOC

ストレングスファインダー

環境整備

 

社員全員が主役!

経営者1人で悩むのはやめよう

強みの関わり合いが会社を救う!

 

「全員参加型経営コンサルタント」

株式会社G-Labo

代表取締役 及川 景太

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!