· 

資質の領域


羽田空港から千歳に飛んで、札幌に入りました。

さすがに暑さを感じずに過ごしやすい気候ですね。

 

札幌駅はデパートも賑わって、電車の待ち時間に利用しようとしたスタバも満席。

少しずつ活気が戻ってきたような気がしますが、繁華街から少し離れるとまだまだこれからって雰囲気です。

 

そんな今日はストレングスファインダーのグループセッション。

初めての試みの時はいつもドキドキですが、なんとかなるなるーの精神で走り始めます!

 

さて、今回はわたしの資質の深掘りを行おうと思っています。

資質の一通りの解説は過去のブログで行っていますが、「こんな出来事があるよね」という出来事を資質と関連付けながらお話していきますね。

 

とはいうものの、今回はざっくりと広げて領域に関わるお話です。

 

ストレングスファインダーでいう領域とは、34の資質をざっくり4つにまとめたグループのことです。

 

【実行力】の領域はとにかく実行していきたい、完遂したいという資質群。

【影響力】の領域は他の人に影響を与えて、人を動かしていきたいという資質群。

 

【人間関係構築力】は関係性を築きたい、相手の期待に応えたいという資質群。

【戦略的思考力】はまず考えたい、調査したいという資質群。 

 

資質TOP10の中で、どの領域に何個あるかでだいたいの傾向が見えてきます。

 

ストレングスファインダーは34の資質で人の才能を分類しているので、すべてを一気に把握するのは結構大変です。

資質の理解はなんとなくで全然かまわないのですが、それを4つの領域でさらにふんわり把握していくと入りやすいかもしれません。

 

この領域はどんな感じで分けられているかというと、人が何をエネルギーにして物事に当たるかです。

 

【実行力】は気になる点を解決しながら進めたい。

【影響力】は他の人に影響を与えながら進めていく。

 

【人間関係構築力】は人との関係性を重視しながら進めていく。

【戦略的思考力】は十分な調査や熟考をしながら進めたい。

 

どの領域も実行することには変わりはないのですが、それに必要な燃料が違うんです。

 

ハイオクを燃料にしている車に軽油を入れたら、まぁまぁ大変なことになりますよね。

実際に動くかどうかはわかりませんが、最悪は故障をして長期入院です。

 

人も全く同じで、仕事でも学習でも家事でも、やろうという動機は全く異なります。

 

【実行力】なら「やらなくては」「やるべきだ」という動機かもしれません。

【影響力】なら「これがベストだ」「みんなこうやろう」という動機かもしれません。

 

【人間関係構築力】なら「これはどう?」「そう言うなら」という動機かもしれません。

【戦略的思考力】なら「調べてみよう」「こうなるだろう」という動機かもしれません。

 

どれが正しい動機なのか、のような「正しい」「正しくない」という話ではないですよね。

人がどんな燃料を欲しているか、これを理解するだけで人との向き合い方が全く変わってきます。

 

人も走り続けるには、適切な燃料が必要です。

そんなことを前提に領域の話をしようと思っていましたが、思ったより長くなったので次回に。

 

 

↓会計がわかるようになる戦略MQゲームはこちら↓

研修スケジュールへGo

 

 

【社員と共に出したい成果を達成する

戦略MQゲーム(マネジメントゲーム)

TOC

ストレングスファインダー

環境整備

 

社員全員が主役!

経営者1人で悩むのはやめよう

強みの関わり合いが会社を救う!

 

「全員参加型経営コンサルタント」

株式会社G-Labo

代表取締役 及川 景太

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!