· 

経営者の思想が会社を作る


昨日からMGシニアコースを受講しています。

シニアコースは深くMGについて学ぶ場所という位置づけだと思っています。

 

そうはいってもインストラクター免許を頂ける(かもしれない)場でもあるので、インストラクターは免許の更新に参加することも多いです。

 

わたしも3年ごとに参加していましたが、比較的時間の自由が利くようになった身。

せっかくなので、今のうちに参加しておこうと、前回参加から2年ですが行ってきます。

 

MGは経営を学べるゲーム形式の研修ですが、経営をするのも1人の人間です。

100社の会社があれば、100人の経営者がいます。

 

100人の経営者がいれば、もちろん100通りの経営のやり方があるでしょう。

優秀な経営者の真似をしたところで、そっくりそのまま真似ができるわけではありません。

 

100通りの経営はどの経営もやり方は異なりますが、正しい経営というものは存在しません。

実はそこが一番の学びだと思っています。

 

MGの基本的な考え方はとてもシンプルで、理屈自体は会計の域を出ないものがほとんどです。

MGが小学校4年生からできるのと同じように、一般の会社の数字は四則演算で成り立っています。

 

もっと言うと、会計の世界では基本マイナスは存在しないので、実質は足し算のみの学問です。

貸方と借方という表現を使い分けることで、足し算を引き算に変えているんですよね。

 

もう少しひねくれた見方をすると、SUMを使うとかΣを使うなどはありますが、シンプルな見方をするとただの足し算。

経営数字に難しい学問は使っていないのが実情です。

 

何が100通りの経営を生み出しているかというと、経営者の思想です。

 

こういう話の時って、キングダムは使いやすいですよね。

経営者が好んで読んでいるのを見るのが、よくわかる気がします。

 

経営者が望んでいる会社像とは、いったいどういったものなのか。

それをMGで表現すると、5期をどんな経営で行うのか。

 

そんな経営者の思想が、たかだかゲームで5期の経営を行うMGの会社盤に表れてきます。

MGはそんな経営者同士が織りなす、思想のぶつかり合いが起こる時があるんです。

 

そんな時は面白いですね。

3.5期と呼ばれる懇親会では、大の大人がお酒を飲みながらゲーム内容についてあーだこーだと語り合います。

 

ゲームという共通言語を用いた、思想のぶつかり合い

これこそがMGをMGたらしめている大きな要素の1つだと思っています。

 

 

↓会計がわかるようになる戦略MQゲームはこちら↓

研修スケジュールへGo

 

 

【社員と共に出したい成果を達成する

戦略MQゲーム(マネジメントゲーム)

TOC

ストレングスファインダー

環境整備

 

社員全員が主役!

経営者1人で悩むのはやめよう

強みの関わり合いが会社を救う!

 

「全員参加型経営コンサルタント」

株式会社G-Labo

代表取締役 及川 景太

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!