· 

数字も大事だけれども


昨日今日はアクララールさんのMG研修に参加させて頂いています。

前々から出たいと思っていましたが、仲良くMG開催の予定がかぶりまくりで機会がありませんでした。

 

うちのMGが中止になったので、幸か不幸かの急遽参加。

神様がくれた機会なので、思いっきり楽しんでいこうと思います。

 

前回は売上は上がったけれども、どうもおかしい。

よく経営者の勘と言いますけれども、この直感は大事にするべき場面は多いです。

 

何がおかしいかは証明できないけれども、絶対におかしい

そんなことは世の中、ざらに起こります。

 

そこで必要になるのが、科学的な証明なのですが、何も複雑な方程式を解くという訳ではありません。

業態によっては自ら複雑にしている事もありますが、ここではシンプルにいきますね。

 

売上が上がっているのに儲からないのは、何かが足りていないんです。

 

その何かというのは、売上をあげるためにどの程度の原価がかかったか、です。

例えば何か形あるモノを作るには、必ず材料が必要になりますよね。

 

顧客に販売できる形になるまでにかかる材料費がいくらなのか、これは大切な情報です。

これがわからなければ、いくら売上をあげたとしても、どのくらい儲かるかは神のみぞ知るです。

 

その材料費をVで表現します。

単純な話ですが、販売単価Pから材料費Vを引くと、その製品の儲けがでますよね。

 

これを粗利益Mといいますが、単純に儲けのMでもいいかもしれません。

 

販売単価P - 材料費V = 粗利益M

 

先の会社は、これを把握していなかった可能性が高いです。

 

実は製品を1個作るのに、材料費は500円かかっていました。

そんなわけで、それぞれの売上のパターンで当てはめてみましょう。

 

■売上1,000万円

P1,000円 × Q10,000個 = PQ10,000,000円

P1,000円 - V500円 = M500円

M500円 × Q10,000個 = MQ5,000,000円

 

■売上1,200万円

P800円 × Q15,000個 = PQ12,000,000円

P800 - V500円 = M300円

M300円 × Q15,000個 = MQ4,500,000円

 

こんな感じに表現することができます。

数字というのは科学的に証明することができる手法で、誰でも簡単に扱うことは可能です。

 

でも、見る人が見れば数字の変化に気付きますが、じつは数字情報だけだとわかりづらいと思いませんか?

 

事実は事実なのだけれども、どうにもピンとこない

そんなことを感じる人も多いのも事実です。

 

なので、次回は表現方法を変えて、誰しもが一目でわかるようにしていきたいと思います。

 

 

↓会計がわかるようになる戦略MQゲームはこちら↓

研修スケジュールへGo

 

 

【社員と共に出したい成果を達成する

戦略MQゲーム(マネジメントゲーム)

TOC

ストレングスファインダー

環境整備

 

社員全員が主役!

経営者1人で悩むのはやめよう

強みの関わり合いが会社を救う!

 

「全員参加型経営コンサルタント」

株式会社G-Labo

代表取締役 及川 景太

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!