· 

耳が抜けないブログ


朝一の新幹線にそそくさと乗り込み、4年ぶりにダイビングをしてきました。

伊豆半島は富戸にお世話になっているショップがあって、そこも本当に4年ぶり。

 

ポイントへ向かう道はところどころ綺麗になっていて、温泉丸も健在。

ゃー、景色の懐かしさはひとしおですが、ダイビングの知識は綺麗さっぱり忘れてました(笑)。

 

預けてあったバッグを開けたら、「あー、これ買った買った」と見覚えのある機材が詰まっていて。

酸素ボンベを前に、付け方がさっぱり分からずに、一緒に講習を受けている受講生に聞きながら取り付け。

 

自前のBCDの使いかたがわからずに、あれこれボタンを押しまくり。

最終的には2ダイブしましたが、耳抜きが一回もできていないことが判明しました。

 

耳抜きできなくても、何とかなるものですね。

 

なんとかなるというよりかは、なんとかしたという感じかもしれません。

もちろん3mも潜行すると耳が痛くなって、耳抜きをしようとするのですが、どうも抜けてない気がします。

 

それ以上降りるとめっちゃ痛いので、ちょっとだけとどまって、唾を飲んでやり過ごしているとなんとかなります。

そしてまた少しだけ降りて、唾を飲んで、とやっていたら、10mくらいは行けるものですね。

 

そこからは楽しくバシャバシャしていましたが、明らかにお勧めはできない方法かもしれません。

いいか悪いかと2択にした場合は、明らかにNG寄りですよね。

 

そんなことを振り返りで話していたら、やっぱり微妙な雰囲気になり。

インストラクターに「ちょっとやってみて」と言われたので、地上でやってみたのですが、まったく抜けず。

 

なんて頑固な耳なのでしょう。

お散歩を嫌がる犬みたいな感じですね。

  

今回富戸に行ったのは、三宅島MGで行うダイビングをこなすためなので、耳抜きができないと目的ができないなぁと思ってました。

どうしようかなー、もう一回行こうかなーと、わたしなりにあれこれ考えていたんです。

 

そんなモヤモヤとした帰りの伊東駅、電車を待っている待合室でふと耳抜きをやってみたら、それほど抵抗もなくバリッと抜けました。

 

あれだけ頑固に拒まれていたのに、なんだったんだって感じですよね。

やっぱり人は肩に余計な力が入っていると、なかなかいい方向には進みづらい時ってあります。

 

ちょっとうまくいかないなって思ったら、少し離れてほっと一息つくのもいいですよね。

お仕事中でも、ちょっとイライラモヤモヤしてきたら、少し休憩して甘いものでも食べましょう。

 

今日はそんな、とりとめのない話でした。

 

 

↓会計がわかるようになる戦略MQゲームはこちら↓

研修スケジュールへGo

 

 

【社員と共に出したい成果を達成する

戦略MQゲーム(マネジメントゲーム)

TOC

ストレングスファインダー

環境整備

 

社員全員が主役!

経営者1人で悩むのはやめよう

強みの関わり合いが会社を救う!

 

「全員参加型経営コンサルタント」

株式会社G-Labo

代表取締役 及川 景太

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!