· 

親であるからこそ


この週末は基本的にのんびりと過ごしていた感じです。

とはいうものの、9月は関東を離れることも多く、今のうちに動かないといけないことを片付けていました。

 

対応しなければならない仕事はちょこちょこと出てくるので、ここぞとばかりに即レスでさくっとタスク終了できるのがいいですね。

早いうちに対処しなければならない案件が2つくらい湧き出してきたので、大事になる前に整理しておきたいなぁ。

 

キャッシュがいくらか必要になる予感がしますが、状況を活用できる道筋が見えてきました。

ある意味、錬金術で行きたいところです。

 

裏ではあれやこれやを実行しながら、表面上は遊び溜めとばかりに娘とゲームをしていたわけですけれども。

そんな娘も裏ではジュニア・プログラミング部門Scratch部門のSilverに合格をしました。

 

娘は小学校3年生から「行きたい!」と突如言い出して、プログラミング教室に通ってます。

今月が更新月ですが、まだ辞めるつもりはないようで、楽しくやっているみたいで何より。

 

Silverの認定基準は以下の内容を評価するんだそうです。

 

「基本的な条件や道筋を用いた論理的思考ができる。

また、複数の条件分岐や演算、入れ子構造のスクリプトなどを使って、少数のスプライトを連動させたScratchプロジェクトを作成することができる。」

 

問題文の演習が出されて、どのようなプログラムを組むかがテスト内容のようでした。

その中での評価基準は以下の4つ。

 

・正しい動きを表現できる

・スクリプトを正しく設定できる

・仕様に沿った修正ができる

・自由作成

 

この自由っていうのがくせ者で、娘はどうにも苦手みたいです。

 

点数は星の数で示されていましたが、自由作成は星5個。

他のは7個と8個と10個だったので、合格はしましたけれども苦手分野が明確って感じですね。

 

さて、子供の評価が5点7点8点10点だった場合、親としてはやっぱりちょっと口を出したくなります。

心情としては、5点の自由作成をもっと頑張れ!と考えてしまうことが多くないでしょうか。

 

子供の将来を心配して、ついつい「自由作成」を頑張らせてしまうかもしれません。

でも、「自由作成」をなんとかしようとした結果と、10点だった「仕様に沿った修正ができる」をもっと磨いた結果では、どういう変化が起こると思いますか?

 

結論から言ってしまうと、どんなに苦手な「自由作成」を頑張ったところで、最初から自由作成が得意な友達には敵わないことがほとんどです。

自由作成に時間を取られてしまうと、得意だった「仕様に沿った修正ができる」もそれほど伸びず、結果としてパッとしないかもしれません。

 

もし得意な「仕様に沿った修正ができる」をもっと磨けば、その分野ではトップレベルの実力を身につけられる可能性があるでしょう。

 

努力を否定するわけではありませんが、時間は誰しもが平等の有限資源です。

親が子供の可能性を摘んでしまわないように、しっかりとサインをキャッチしていきたいところです。

 

 

↓会計がわかるようになる戦略MQゲームはこちら↓

研修スケジュールへGo

 

 

【社員と共に出したい成果を達成する

戦略MQゲーム(マネジメントゲーム)

TOC

ストレングスファインダー

環境整備

 

社員全員が主役!

経営者1人で悩むのはやめよう

強みの関わり合いが会社を救う!

 

「全員参加型経営コンサルタント」

株式会社G-Labo

代表取締役 及川 景太

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!