· 

会社はナマコ


会社ってナマコみたいなものなんです。

 

いきなりそんなことを言われると?が並ぶと思いますが、そんなものなんです。

前回のブログでMGはダイナミック(動的)な学びとお伝えしましたが、経営は変化の連続であり、静止していることがありません。

 

社長は環境適応業と言われるように、社会や顧客やライバルの変化を肌で感じて、次々と施策を打っていかなくてはいけません。

それが社長の役割であり、社長に課せられた唯一無二の試練ともいえるかもしれません。

 

そんな環境の変化に対応して会社を生き残らせようと、色んな施策を打っていくでしょう。

 

広告を打つこともあれば、新規商品の開発をすることもあるかもしれません。

採用をして人を増やすこともあれば、社員教育をおこなってチームとしての総合力を高めるかもしれません。

新しいシステムを導入して効率を高めたり、機械化やAI化で生産を拡大していくかもしれません。

 

どのような施策を打つにしても、たいていの場合は費用がかかります。

費用をかけると何が起こるかというと、利益が減ります。

 

単純な話ですよね、経費がアップするんです。

そうすると、どんな意見が出てくるか。

 

やめましょう、今のままでも大丈夫ですよ。

 

よくありがちなのが、「経費を減らせば利益が出ますよ」というアドバイスを聞いたことがあるかもしれません。

それはもちろん真実であり、数字上は間違いではありません。

 

その言葉を信じて、経費を下げ続けるとどうなるでしょうか。

損益計算書上のシミュレーション上では、経費を減らすと利益が増えるはずです。

 

しかし、例えば広告費を減らした場合、減らす前と同様の売上と粗利益を確保できるとは限りません。

ひょっとしたら広告をしなくなったために、徐々にお客様数が減っていくこともあり得ます。

 

経費の効果はすぐに現れるわけではなく、タイムラグが発生するんです。

広告を減らしたら一ヶ月後にお客様は減るし、広告をすると一ヶ月後にお客様は増える。

 

損益計算書というスタティック(静的)なデータだけでは、会社の施策を決めることは極めて難しいということです。

 

何かをすると、時間差でどこかに影響を与える。

それが会社ということであり、会社は生き物ということです。

 

ナマコに針をプスッと刺して刺激を与えると、0.1秒後に反対側が反応する。

冷えピタを身体に貼ると、血液が冷やされて徐々に身体の温度が下がってくる。

研究開発が成功すると、一年後に新製品が販売されて売上が上がる。

 

だから、PDSのSee(観察)が必要なのです。

会社に限らず人の人生にも言えることですが、ダイナミックに考えていくことがとても大切です。

 

 

↓会計がわかるようになる戦略MQゲームはこちら↓

研修スケジュールへGo

 

 

【社員と共に出したい成果を達成する

戦略MQゲーム(マネジメントゲーム)

TOC

ストレングスファインダー

環境整備

 

社員全員が主役!

経営者1人で悩むのはやめよう

強みの関わり合いが会社を救う!

 

「全員参加型経営コンサルタント」

株式会社G-Labo

代表取締役 及川 景太

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!